メインイメージ画像

通販はネット利用やテレビショッピングの拡大により人気です

インターネットのサイトや、雑誌の広告欄やチラシ、テレビなどを見て電話注文をするというスタイルの通販が今までは主流でしたが、今はそれに加えて、ネットを使った通販が増加傾向にあります。呼び方についても、通販ではなくネットショッピングなどと言われる場合が多いです。氏名や住所などを入力して会員になるようなお店が主流です。また、従来型のテレビを使った通販も人気があります。実際に商品を買うかどうかには関わらず、見ているだけで面白いというクオリティにまで達しているTVプログラムもあります。

これまでは、安さを強調する番組が多かったのですが、今はその使い方を紹介する番組が増えてきました。

その上、司会者が有名人にまでなるということは今までありませんでした。非常に有名になり過ぎたために、モノマネ芸人が本人の喋り方をコピーする様にまでなりました。モノマネをするコツとして、誰でも分かる程の知名度がなければいけません。聞いた事も無い人の真似をしても誰も分かってくれないからです。

そう考えてみると、真似の対象となるまでに通販業界で活躍したのは凄い事だと考えます。

使用する人の年齢層が幅広いのも通販の特徴だと思います。自身で注文をする訳ではありませんが、まだ幼い赤ちゃんでも通販で買ったオムツなどを使っていたりします。年配の方であれば、マッサージチェアを買って自宅に設置して楽しんでいるという感じです。他の業界では、ある程度利用しているお客さんの層に偏りがある傾向ですが、通販は性別年齢に関係なく、誰もが利用しているのが特徴です。

それまでも、自宅に居ながら様々な物が買えるということで、とても大きなマーケットでしたが、さらにインターネットが増し加わり、さらに市場が広がりつつあります。この通販人気と一緒に成長しているのが国内の配送業者です。あまりにも大勢の人が通販を使うため、人手不足に陥っている会社もあります。少子高齢化が進行している日本の中で通販業界は、今後の成長産業だと言えるでしょう。